【NEWS】特区病床特例の全国展開で対応案を提示 医療部会で厚労省

[病床過剰地域における特定病床の枠組みを活用]

Weekly Pick Up - 2021年 10月 11日

» この記事を書いたメディアのページへ
【概要】○国家戦略特区で最先端医療を提供する場合は、病床過剰地域であっても病床の新設を認める「特区病床特例」について、政府は全国展開に向けた対応を21年度中に決定する方針○これを受けて厚生労働省は、病床過剰地域であっても特定の機能を担う病床(13種類)については、国との協議を経て病床の新設・増床を認める、現行の医療法上の「特定病床の特例」の対象に最先端医療を提供する病床を追加する案を関係審議会に提示○学会が推薦する保険未収載の最先端医療を対象とすることや、特例の適用に期限を設けることなども併せて提案した

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

関連資料

※資料をご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問