全国各地の医療過疎地の救急からかかりつけまで支援

[広域医療法人EMS松岡救急クリニック(鹿児島県南九州市)]

クリニック経営ケーススタディ - 2021年 05月 14日

» この記事を書いたメディアのページへ
2013年、鹿児島県南九州市川辺町に救急専門診療所として開業した、広域医療法人EMS松岡救急クリニック。総勢約70人の充実した人員と医療設備のもと、高齢化・過疎化が進む薩摩半島の一次救急〜三次救急まで救急車の要請をすべて受け入れ、今や年間の救急車受け入れ件数は約700台と南薩地域で最も多く、さらに時間外来院患者数は鹿児島県内で最も多い約1万1千人を受け入れる医療機関となった。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問