都内有数の“飲み屋街”の中心で腎臓病の重症化予防を叫ぶ

[赤羽もり内科 腎臓内科(東京都北区)]

クリニック経営ケーススタディ - 2020年 10月 02日

» この記事を書いたメディアのページへ
非常事態宣言下の5月18日、東京都北区で開業した赤羽もり内科 腎臓内科。森維久郎院長が目指すのは「腎臓病の重症化予防」。患者のQOLはもちろん、医療費適正化の観点からも期待される若手医師の挑戦に迫る。



※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問