苦境にある「新型コロナ」受け入れ医療機関、優先的に民間医療機関への経営支援を!

[まるめ病棟では厳しい薬剤使用の負担 出来高病棟でも「適応外使用」と査定]

医療経営の要諦シリーズ - 2020年 09月 29日

» この記事を書いたメディアのページへ
「通常、亜急性期・回復期・慢性期等の高齢患者の入院治療を担ってきた病院だが、行政の依頼もあり、一般病棟や外来と動線を分離した一部に、中等症、軽症の新型コロナウイルス感染症患者を受け入れる病棟を開設した。新型コロナウイルス感染症中等症患者の重症化を防ぐために、治験での有効性は十分に立証されていないものの効果があるとされる薬剤を当該患者に投与し、実際に重症化を防ぐことができた。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問