【NEWS】[がん対策]AIを用いた手術支援システム開発が始動

[国立がん研究センター]

Weekly Pick Up - 2020年 03月 23日

» この記事を書いたメディアのページへ
国立研究開発法人国立がん研究センター(中釜斉理事長)東病院は3月3日、人工知能(AI)を用いた手術支援システムの導入に向けた、開発基盤を整備するため、産業利用可能な高品質の手術動画データベースを構築するプロジェクト「S-access Japan(サクセスジャパン)」を開始したことを発表した。


※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

出典  医療タイムス社
続きは出典元ウェブサイトで
mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問