【NEWS】[診療報酬] 【中医協1月29日】重症度、医療・看護必要度の該当患者割合、支払側と診療側の隔たり大きく、公益裁定で決着

[中央社会保険医療協議会]

Weekly Pick Up - 2020年 02月 13日

» この記事を書いたメディアのページへ
中央社会保険医療協議会(会長=田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)が1月29日に開いた総会で、重症度、医療・看護必要度(以下、看護必要度)の該当患者割合の基準値が公益裁定で決着した。この項目は、支払側と診療側が提案した基準値の隔たりが大きかった。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

出典  医療タイムス社
続きは出典元ウェブサイトで
mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問