医療・福祉における外国人人材の活用と「ダイバーシティ・マネジメント」(中)

[地方の病院にこそ広がる 外国人人材「活躍の場」]

医療経営の要諦シリーズ - 2019年 10月 03日

» この記事を書いたメディアのページへ
少子高齢化の進展で、若い世代の“売り手市場”が続く就職戦線。20歳〜30歳代の若者が都会の一般企業に流れ、地方の病院では事務職員の慢性的な人材不足に苦労する現実がある。




※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問