病棟と地域に橋をかける理事長・院長の外回り(3)

[事例3つをご紹介 その秘訣を探る]

Medical Topics - 2018年 09月 12日

» この記事を書いたメディアのページへ
急性期を脱した後や在宅療養を続ける患者の具合が悪くなった時の受入病院として常に病床はフル稼働を続けている。その背景には、自院の機能を積極的に伝えるという病院の方針、そしてそれを体現する理事長自身の外回りがある。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問