特集 ダブル改定で加速する医療制度改革(下)

[2025年に向けた病院経営戦略を探る]

Medical Topics - 2018年 04月 05日

» この記事を書いたメディアのページへ
地域医療機能推進機構東京山手メディカルセンター院長の万代恭嗣氏は「2018年度診療報酬改定と今後の方向性‐急性期入院医療を中心として‐」と題して、2018年度改定を振り返った。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問