【診療所】患者目線の検査と病診連携で地域の支持を一気に集める

[ファミリークリニックひきふね(東京都墨田区)]

医療と介護のケーススタディ - 2018年 01月 18日

» この記事を書いたメディアのページへ
ファミリークリニックひきふねは、外来患者数はわずか3カ月の段階で1日40人を突破。50人を超える日も珍しくはない。短期間で地域からの信頼を獲得した大きな理由は、内視鏡検査・治療を専門とする梅舟仰胤院長の高い技術と、患者目線にこだわったオペレーションにある。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問