ドラッグラグ解消に向け例外的措置を

[医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議]

薬剤師向けレポート - 2010年 04月 14日

» この記事を書いたメディアのページへ
医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議(座長:堀田知光独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター院長)は3月31日、同検討会内の6つのワーキンググループ(=WG、代謝その他、循環器、精神・神経、抗菌・抗炎症、抗がん、生物)が未承認薬・適応外薬に対する医療上の必要性について検討状況を報告した。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問