【NEWS】21年度の1人当たり費用額は17.3万円 介護給付費等実態統計

[新型コロナの影響受け、前年比で1.2%減少]

Weekly Pick Up - 2022年 09月 29日

» この記事を書いたメディアのページへ
 厚生労働省は9月21日、2021年度の「介護給付費等実態統計」(21年5月〜22年4月審査分)の結果を公表した。それによると、受給者1人当たり費用額(22年4月審査分)は17万2,800円となり、前年同月比で2,100円(1.2%)減少した。通所介護や通所リハビリテーションでは年間実受給者数が前年度から横ばい、あるいは減少しており、コロナ禍での利用控えの影響とみられる。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

関連資料

※資料をご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

mail
pass

医時通信について

よくある質問

新着情報

[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(37)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(36)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(35)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(34)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(33)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(32)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(31)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(30)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(29)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(28)