【NEWS】[調査・統計]「熱中症対策を行っている」、初めて80%超

[タニタ調査]

Weekly Pick Up - 2022年 09月 16日

» この記事を書いたメディアのページへ
全国的に記録的な猛暑となった今夏において、生活者の熱中症対策への意識が高まっている実態、さらには「熱中症警戒アラート」の認知度が高まっていることなどが、健康総合企業の株式会社タニタが行った「熱中症に関する意識・実態調査2022」の調査結果で明らかになった。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信について

よくある質問

新着情報

[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(37)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(36)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(35)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(34)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(33)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(32)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(31)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(30)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(29)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(28)