【22年度診療報酬改定】入院患者を対象に「看護職員処遇改善評価料」を新設

[細分化した点数を入院にのみ設定するモデルで制度設計 厚労省]

Weekly Pick Up - 2022年 08月 08日

» この記事を書いたメディアのページへ
 厚生労働省は8月3日の中央社会保険医療協議会・総会に、2022年10月に診療報酬を改定して行う看護の処遇改善の個別改定項目(いわゆる「短冊」)を提示した。入院患者を対象に「看護職員処遇改善評価料」を新設。医療機関は、「看護職員等の数」と「延べ入院患者数」を所定の計算式に当てはめて算出した値で算定区分を判定する。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

関連資料

※資料をご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

mail
pass

医時通信について

よくある質問

新着情報

[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(37)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(36)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(35)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(34)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(33)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(32)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(31)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(30)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(29)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(28)