バスキュラーアクセス治療で外来手術を年間900件

[池田バスキュラーアクセス・透析・内科(福岡市中央区)]

クリニック経営ケーススタディ - 2022年 08月 19日

» この記事を書いたメディアのページへ
池田バスキュラーアクセス・透析・内科は、2010年に池田潔院長が福岡市中央区に開設した、腎臓疾患の治療や透析を中心とする診療所だ。
福岡赤十字病院腎センターでの腎臓病治療やバスキュラーアクセス手術に携わってきた池田院長の経験を活かし、「腎臓病の治療(腎炎、保存期腎不全)」「バスキュラーアクセス手術」「人工透析」−の3つを、診療の柱としている。


※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信について

よくある質問

新着情報

[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(37)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(36)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(35)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(34)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(33)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(32)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(31)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(30)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(29)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(28)