医療法人経営による「高齢者の住まい」

[高専賃・住宅型有老Hの活用で収益構造を強化 ベッドコントロール強化で在院期間短縮も]

医療法人経営による「高齢者の住まい」 - 2008年 07月 23日

» この記事を書いたメディアのページへ
高齢者人口の増加、介護療養病床の全廃、在宅重視の政策転換など、高齢者の住まいへの需要が高まる中、総量規制の枠外となる高齢者専用賃貸住宅や住宅型有料老人ホームの開設が広がりを見せている。特に規制の少ない高齢者専用賃貸住宅では、メッセージ(岡山市)など全国展開を行う事業者を中心に、登録数は4000戸を超えている。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問