【2022年度診療報酬改定】基本方針への新興感染症対応追加で概ね一致 

[社保審・医療部会も改定基本方針の本格議論を開始]

Weekly Pick Up - 2021年 10月 08日

» この記事を書いたメディアのページへ
社会保障審議会・医療部会は10月4日、2022年度診療報酬改定の基本方針について、厚生労働省が提示した改定に当たっての基本認識や、基本的視点などの案をたたき台に議論した。医療機関における感染症対策への診療報酬上での評価を求める声や、医療資源の集約化について書き込むよう求める声など、様々な意見が出たが、新興感染症対応を新たな柱に加える厚労省案の方向性には、大方の委員が賛意を示した。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

関連資料

※資料をご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問