介護保険制度とBCP

[給付と負担の適正化、感染症や災害対応でも「持続可能性」がキーワード]

医療経営の要諦シリーズ - 2021年 10月 26日

» この記事を書いたメディアのページへ
介護保険制度が創設されて21年目を迎えている。20年の節目だった2020年は、新興感染症という制度にとっても大きなリスクが顕在化した。高齢化がますます進むなかで、あらためて「持続可能性」という課題を突き付けられている。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問