日本最大の病床過剰県「高知」の医療事情

[「療養病床の廃止・削減」で暗中模索の中小民間病院]

日本最大の病床過剰県「高知」の医療事情 - 2007年 05月 31日

» この記事を書いたメディアのページへ
2004年度のデータによると、高知県は人口10万人対の病院数、病床数が共に全国第一位。平均在院日数も「全国一長い」(56.1日)と顕著な病院・病床過剰県となっている。厚生労働省が想定する削減割合対象が約5,100床で、その削減効果は年間約247億円(県内総生産の約1%)。しかしながら療養病床の廃止・削減で、同病床を使用できなくなる患者数は、年間8,556人と推計されこの数字だけを見ても、県内経済に与える影響は大きい。


※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問