【NEWS】外来機能報告は病院と有床診が対象、無床診は任意に

[外来機能の明確化と連携で厚労省が論点案を提示]

Weekly Pick Up - 2020年 12月 01日

» この記事を書いたメディアのページへ
厚生労働省は11月19日の「医療計画の見直し等に関する検討会」に、外来機能の明確化・連携などに関する「論点の整理(案)」を提示した。紹介外来や逆紹介(「医療資源を重点的に活用する外来(仮称)」)を基幹的に担う医療機関を地域ごとに明確化することにより、外来機能の役割分担と連携を進めるとともに、患者の受診行動の適正化につなげる。新設する「外来機能報告(仮称)」の対象医療機関は一般病床または療養病床を持つ病院と有床診療所とする方針を打ち出した。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

関連資料

※資料をご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問