【NEWS】後期高齢者医療、2割負担の所得水準で5案を提示 厚労省

[現役世代の負担減は470億円から1,430億円と試算]

Weekly Pick Up - 2020年 11月 27日

» この記事を書いたメディアのページへ
厚生労働省は11月19日の社会保障審議会・医療保険部会に、窓口負担を2割に引き上げる後期高齢者の所得水準や、負担額の急増を抑える配慮措置の具体案を提示した。2割負担の所得水準は5つのパターンで財政影響などを試算。現役世代の負担に関しては、470億円から最大で1,430億円の減少が見込めるとしている。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

関連資料

※資料をご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問