2022年度目処にスマホで保健医療情報を閲覧できる仕組みを構築

[オンライン資格確認システムを活用、厚労省・データヘルス集中改革プラン]

Medical Topics - 2020年 07月 22日

» この記事を書いたメディアのページへ
政府は7月17日、「経済財政運営と改革の基本方針2020(骨太の方針2020)」を閣議決定した。新型コロナウイルス感染症と共存する「新しい日常」の実現に向け、デジタル化やオンライン化を強力に推進することを施策の柱に据えた。医療関係では、厚生労働省が掲げる「データヘルス集中改革プラン」が盛り込まれた。オンライン資格確認システムの基盤を活用し、今後2年間で国民・患者が自分の保健医療情報をいつでもパソコンやスマートフォンで閲覧できる仕組みを整える。






※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問