祖父の名医は、すぐに処理をしてくれない

クリニック経営の成功事例 - 2008年 01月 10日

» この記事を書いたメディアのページへ
近所のおじいちゃん・おばあちゃんで、毎日溢れ返っている眼科さんがあります。祖父が目が腫れてしまって、この先生の診察を初めて受けました。

「目薬だけもらってくるから」

そう言って気軽に出かけていった祖父ですが、実は簡単には帰って来られなかったのです。

目が腫れていることはハッキリしているのに、先生はなかなか処置をしてくれません。


※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問