[改定情報] 急性期一般の該当患者割合引き上げを改めて要望 幸野委員

[中央社会保険医療協議会 診療報酬基本問題小委員会(第198回 11/6)《厚生労働省》]

WIC REPORT - 2019年 11月 06日

» この記事を書いたメディアのページへ
支払側委員の幸野庄司委員(健康保険組合連合会理事)は11月6日の中央社会保険医療協議会・診療報酬基本問題小委員会で、「急性期一般入院基本料」の該当患者割合の基準値や、「療養病棟入院基本料」の医療区分2・3該当患者割合の基準値の引き上げなどを改めて要望した。




※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

関連資料

※資料をご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問