特集 高齢者住宅の最前線

[自己負担額は20万円が主流 持続可能な社会資源の株式会社化]

Medical Topics - 2019年 10月 30日

» この記事を書いたメディアのページへ
多死社会の進行とともに、高齢者と住まいが語られるようになった。人生の最期をどう心豊かに過ごすかが問われ、経済性を優先した画一的な高齢者住宅は陳腐化してしまう。2019年9月19日都内で開かれ第70回月例社会保障研究会では、前衛的な取り組みをするサービス付き高齢者向け住宅などの事例が報告された。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問