特集 VRと医療を結ぶ可能性(前半)

[遊ぶように医療と生活をつなげるVRテクノロジー]

Medical Topics - 2019年 10月 16日

» この記事を書いたメディアのページへ
VR(バーチャルリアリティー)は医療界でも話題だ。8月31日に開かれた工学系の第19回日本VR医学会学術大会で、大会長の中口俊哉氏(千葉大学フロンティア医工学センター教授)は「VR開発には長い歴史がある。今は話題になっているが、これを持続的なものにしなければならない」と課題を指摘した。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問