ブレーンが自然に使われてしまう理事長の姿

病院経営のケーススタディ - 2007年 11月 17日

» この記事を書いたメディアのページへ
「すごい病院がある」と紹介を頂き、ある地方のケアミックス病院を訪問しました。紹介下さった方は、何が凄いのか、教えてくれません。しかし、到着早々、私は違和感を覚えました。

まず、外来の雰囲気が違います。本当に病気なのかと思うくらい、皆さん元気に振舞われているのです。患者さんの表情が違います。ほどなく、香ばしいパンの匂いに氣づきました。

「パンを売っているのですね。匂いが漂うようにしているのですか?」

「ええ、外来で焼いているんですよ」

「焼いているのですか?」

病院らしくない雰囲気は、この「パンを焼いている匂い」も、一役買っている ようです。





※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問