[自殺対策]平成26年の年間自殺者数2万5374人、5年連続で減少

[平成26年の月別の自殺者数について(12月末の速報値)―警察庁(H27.1.15)]

精神科医療行政ニュース - 2015年 01月 16日

» この記事を書いたメディアのページへ
 1月15日、警察庁は「平成26年の月別の自殺者数について(12月末の速報値)」を公表しました。それによると、平成26年中の全国の自殺者総数は、2万5374人で、このうち男性が1万7354人、女性が8020人で、男性は女性の2.16倍の人数となっています。
 都道府県別で見てみると、最も多いのは東京の2647人、次いで神奈川1422人、愛知1392人、埼玉1367人、大阪1364人と続きます。一方、最も少ないのは鳥取の114人、次いで福井143人、島根166人、徳島169人、香川180人となっています。

 全国の自殺者総数は、前年比5年連続で減少。平成22年まで年間で3万人を上回っていましたが、平成24年から3年連続で2万人台(平成24年が2万7858人、平成25年が2万7283人、平成26年が2万5374人)という状況です。

関連資料

※資料をご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問