薬の情報管理1―患者自身による薬の情報管理を提唱

[情報の分散化がカギとなる]

薬剤師向けレポート - 2013年 10月 01日

» この記事を書いたメディアのページへ
くすりの適正使用協議会は8月23日セミナーを開き、東京大学大学院薬学系研究科薬品情報学講座の澤田康文教授が「災害時、『くすり』で困らないために」をテーマに講演をした。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問