住民情報のクラウド化で災害・少子高齢化社会に備える

[【ITフォーラム】国際モダンホスピタルショー2012]

医療IT最前線 〜病院編〜 - 2012年 10月 04日

» この記事を書いたメディアのページへ
秋冨氏は救急医療の現場で週140時間以上働く医師である。東日本大震災の際、岩手県災害対策本部医療班の責任者として被災者に対応した。被災地の緊急現場は「支援する人が少なく、支援される側の人が多い」状態だった。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問