がん治療連携計画策定料、重症化でも算定可  疑義解釈第5弾

[疑義解釈資料の送付について(その5)(6/11付 事務連絡)《厚労省》 ]

平成22年度 診療報酬改定 完全速報 - 2010年 06月 14日

» この記事を書いたメディアのページへ
 厚生労働省は6月11日に、平成22年度診療報酬改定に関する疑義解釈(その5)について事務連絡を行った。今回は、医科、歯科、調剤について Q&Aを掲載。医科・歯科の診療所におけるレセプト電子請求義務化期限が、「実際の請求に合わせた月」に文言修正されている点に留意が必要だ。



※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

関連資料

※資料をご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問