6月1日から、ドキシル使用可能性ある卵巣がん出来高に  中医協総会

[中央社会保険医療協議会 総会(第172回 5/26)《厚労省》 ]

平成22年度 診療報酬改定 完全速報 - 2010年 05月 26日

» この記事を書いたメディアのページへ
 中央社会保険医療協議会の総会が5月26日に開催され、ドキソルビシン(以下、ドキシル)を使用する可能性のある卵巣がん治療を出来高払いとする件を了承した。厚生労働省では近く告示改正・通知改正等を行い、6月1日から施行する考えだ。



※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

関連資料

※資料をご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問