「仕事へのプライド」を教え込む

職員向けメッセージのヒント - 2009年 11月 18日

» この記事を書いたメディアのページへ
 よく、プライドが高い人、低い人という話があります。プライドが高いというとどちらかといえば、ネガティブなイメージに捉えてしまうことがあるのではないでしょうか。「あの人はプライドが高すぎる・・・」とか。

 しかし、プライドが高いということは決して悪いことではありません。むしろ、職業人としては仕事にプライドを持たなければなりません。しかし、正しいプライドをもてるかどうかが重要です。


 正しいプライドとは何でしょうか。正しいプライドとは、「成果をあげることにとことんこだわる」つまり、「成果をあげることが職業人としてのプライド」ということができます。

 仕事における成果とは、売上のような数字に限りません。患者さんに喜んでもらうとか、仕事を効率的に進めるとか、絶対にミスをしないなど、様々です。それぞれの仕事、役割、立場の中で成し遂げるべき成果があると思います。その成果をあげるためにとことんがんばることが、職業人のプライドであるはずなのです。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問