Q.オンライン資格認定システム導入の副次的効果として算定しやすくなる診療報酬項目とは?

調剤薬局経営Q&A - 2022年 07月 26日

» この記事を書いたメディアのページへ
今後のデータヘルスの基盤になるとされるマイナンバーカードを活用した「オンライン資格確認システム」(以下、同システム)ですが、調剤管理料に「電子的保健医療情報活用加算」が算定可能になりました。薬局においてレセプトから抽出された個々の患者の特定健診情報や、薬剤の処方状況等を一元的に管理できるようになる等、多くのメリットが指摘されています。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信について

よくある質問

新着情報

[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(37)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(36)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(35)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(34)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(33)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(32)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(31)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(30)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(29)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(28)