骨太方針2022

[かかりつけ医制度の整備に、連携推進法人の活用、医療DX推進本部の設置も]

医療経営の要諦シリーズ - 2022年 07月 04日

» この記事を書いたメディアのページへ
「骨太方針2022」が閣議決定された。財務省が求めていたプライマリーバランス25年度黒字化の目標は「堅持」から「検証」へ後退したが、かかりつけ医機能の制度整備などの医療提供体制改革は確実に進められることになりそうだ。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信について

よくある質問

新着情報

[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(37)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(36)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(35)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(34)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(33)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(32)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(31)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(30)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(29)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(28)