【22年度診療報酬改定】看護処遇改善の賃上げルールなどを議論 中医協・総会

[処遇改善収入の一定割合以上はベースアップに充当を 各側委員]

Weekly Pick Up - 2022年 06月 20日

» この記事を書いたメディアのページへ
 中央社会保険医療協議会・総会は6月15日開かれ、看護の処遇改善の点数設定や賃上げルールなどについて議論した。委員からは、賃上げ効果を継続させるために、処遇改善で得た収入を全額賃上げに充当することや、一定割合以上を基本給の引き上げなどのベースアップに使うことを要件化するべきだとの意見が多く出た。医療機関の判断で処遇改善を行える職種に薬剤師を追加するよう求める意見もあった。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

関連資料

※資料をご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

mail
pass

医時通信について

よくある質問

新着情報

[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(37)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(36)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(35)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(34)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(33)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(32)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(31)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(30)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(29)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(28)