Q.「急性期一般入院基本料」を該当患者割合の経過措置終了後も算定するにはどうすればいいのでしょうか?

病院経営Q&A - 2022年 04月 26日

» この記事を書いたメディアのページへ
2022年度診療報酬改定では、「急性期一般入院基本料」の「重症度、医療・看護必要度」における該当患者割合の基準値が見直され、今年9月末までの経過措置が設けられていますが、10月1日以降も現在算定している入院料を継続算定するには、改定後の新しい評価票での評価をいつから始めればいいのでしょうか。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信について

よくある質問

新着情報

[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(37)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(36)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(35)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(34)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(33)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(32)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(31)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(30)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(29)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(28)