熊本地震を受けて移転新築を繰り上げ急性期から回復期で地域拠点めざす

[社会医療法人潤心会熊本セントラル病院(熊本県菊陽町)]

病院経営ケーススタディ - 2022年 03月 24日

» この記事を書いたメディアのページへ
菊池・阿蘇の2つの医療圏の2次救急に対応するなど、急性期の役割を担ってきた熊本セントラル病院。回復期も含めた入院機能の充実で、地域拠点としての役割を果たす。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信について

よくある質問

新着情報

[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(37)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(36)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(35)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(34)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(33)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(32)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(31)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(30)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(29)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(28)