独自の体制で組織を効率化

[医療法人社団成仁病院(東京都足立区)]

病院経営ケーススタディ - 2022年 02月 25日

» この記事を書いたメディアのページへ
精神科単科病院の医療法人社団成仁病院は2007年の開院から独自の業務体制を取り入れ、急性期から在宅への移行を一貫して支援する医療提供体制を構築している。この業務体制により、一人ひとりのレベルアップや医療の質の向上や業務効率化にもつながっている。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信について

よくある質問

新着情報

[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(37)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(36)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(35)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(34)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(33)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(32)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(31)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(30)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(29)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(28)