医療制度が変わる2

[医療費と平均在院日数]

医療業界基礎知識 - 2009年 10月 08日

» この記事を書いたメディアのページへ
日本の医療費が増加していることに対して、厚生労働省は入院と外来それぞれについて対策を講じています。

まず入院ですが、入院医療費は都道府県によって格差の大きいことが問題となっています。最も高いのが高知県、最も低いのが長野県となっており、その差は2倍近くあります。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信について

よくある質問

新着情報

[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(37)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(36)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(35)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(34)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(33)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(32)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(31)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(30)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(29)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(28)