広報誌のリニューアルでブランド力を上げ地域活性化

[広報を通じた関係づくり 鳥取大学医学部附属病院(鳥取県米子市)]

病院経営ケーススタディ - 2022年 11月 11日

» この記事を書いたメディアのページへ
山陰地域における中核病院の役割とロボット手術など、高度医療を提供している鳥取大学医学部附属病院。
2019年より新たな広報誌『カニジル』を創刊し、全国から注目を集めている。人にフォーカスをあてて病院の魅力を発信している。








※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信について

よくある質問

新着情報

[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(37)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(36)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(35)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(34)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(33)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(32)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(31)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(30)
[医療・福祉経営の眼目/セミナーレポート・インタビュー]
電子処方箋の開始日決定、補助金の期間も延長
[人事労務Q&A]
Q.介護休暇と介護休業の違いを教えてください