民法改正による需要増加?ファクタリングで資金繰りの悩みを解消!

RL_けあコンweekly一覧【確認用】 - 2020年 08月 07日

» この記事を書いたメディアのページへ
ファクタリングは、資金繰りに悩みのある事業者が現金を入手するための資金調達方法の1つです。海外で発達してきた比較的新しい金融システムとして、日本でも注目されてきました。2020年の民法改正では、ファクタリングを利用する側の保護強化なども行われたため、需要は増えていくと考えられています。この記事では、ファクタリングの基礎知識やメリット、ほかの資金調達方法との比較などを解説します。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信について

よくある質問

新着情報

[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(37)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(36)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(35)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(34)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(33)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(32)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(31)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(30)
[医療・福祉経営の眼目/セミナーレポート・インタビュー]
電子処方箋の開始日決定、補助金の期間も延長
[人事労務Q&A]
Q.介護休暇と介護休業の違いを教えてください