環境が変われば、使命も変わる

中村彰吾氏の病院の経営戦略 - 2008年 09月 09日

» この記事を書いたメディアのページへ
聖路加国際病院は1954年に私立病院として初めて人間ドックを開始して以来、人間ドックの草分けと言われてきました。今でこそ、ありがたいことに「セレブな体験をしてしまいました」とご好評頂いておりますが、本格的に取り組んだ当初、病院は大きな岐路に立たされていました。



※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問