【22年度診療報酬改定】プログラム医療機器の評価明確化で具体案提示 厚労省

[医師働き方改革への貢献は施設基準緩和での評価も]

Weekly Pick Up - 2021年 11月 18日

» この記事を書いたメディアのページへ
厚生労働省は11月12日の中央社会保険医療協議会・保険医療材料専門部会に、プログラム医療機器への対応について、論点を示した。診療報酬上の位置付けを明確化するとともに、従来よりも少ない医療従事者数での対応を可能にするといった医師働き方改革への貢献が認められる場合は、施設基準に反映させることなどを提案。概ね了承された。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

関連資料

※資料をご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問