22年度改定議論・入院医療

[コロナ禍と地域医療構想の実現、現場負担のバランス調整が焦点に]

医療経営の要諦シリーズ - 2021年 11月 08日

» この記事を書いたメディアのページへ
コロナ禍では現場に大きな影響を与える改定は避けるべき、コロナ禍でもやるべきことはやるのが重要―。次期改定に向けた入院医療の専門的な議論は9月に中間とりまとめが行われたが、改定の「位置付け」を巡り診療側と支払側の意見は対立している。



※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問