【NEWS】[医学研究]患者の低栄養リスクを予測、AI研究を開始

[富士通、国立がん研究センターなど]

Weekly Pick Up - 2021年 09月 07日

» この記事を書いたメディアのページへ
富士通、大塚製薬工場は8月24日、国立がん研究センターおよび国立長寿医療研究センターとともに、患者の低栄養リスクを予測するAIサービスを構築するための探索的な共同研究を開始したことを発表した。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

出典  医療タイムス社
続きは出典元ウェブサイトで
mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問