22年度改定議論 外来・調剤

[かかりつけ医の評価はゼロベースで再構築、調剤財源は大胆な転換を]

医療経営の要諦シリーズ - 2021年 09月 09日

» この記事を書いたメディアのページへ
2022年度診療報酬改定に向け、中医協では9月ごろの論点に関する意見整理を目指し、第1ラウンドの議論が進められている。外来・調剤では、「かかりつけ機能」の評価のあり方をめぐって意見が戦わされることになりそうだ。


※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問