22年度改定議論 入院

[治療室の有無、救急搬送・手術件数などで急性期を複合的に評価か]

医療経営の要諦シリーズ - 2021年 09月 06日

» この記事を書いたメディアのページへ
中医協では2022年度診療報酬改定に向け、8月までは第1ラウンドとして総論的な議論が行われている。急性期入院医療の評価では、早くも論点に挙がった「重症度、医療・看護必要度以外の指標設定」が注目される。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問