22年度改定議論 入院医療

[地ケアは減額でも自院転棟を継続、看護必要度はIIで患者割合が上昇傾向]

医療経営の要諦シリーズ - 2021年 08月 30日

» この記事を書いたメディアのページへ
2022年度診療報酬改定に向け、入院医療に関する議論が本格的にスタートしている。地域包括ケア病棟の機能強化は今回も焦点の一つになると思われるが、厚生労働省が提示したデータからは、400床以上の病院で自院の一般病棟からの転棟が依然多いなどの課題が浮かび上がっている。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問