骨太方針2021(2)

[社会保障費の伸び抑制は継続、フォーミュラリ活用などで後発品促進を加速]

医療経営の要諦シリーズ - 2021年 07月 07日

» この記事を書いたメディアのページへ
政府が6月18日に閣議決定した「骨太方針2021」では、社会保障費の伸びを高齢化による増加分に抑制する方針を継続することが明記された。バイオシミラーを含む後発医薬品の新目標設定や介護費の地域差縮減に向けた体制強化なども打ち出している。




※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問